日本テレビ ザ!世界仰天ニュース
「美容整形被害 〜フィリピン〜」

日本テレビ ザ!世界仰天ニュース
「美容整形被害 〜フィリピン〜」

アジアヴォックスフィリピンでは、フィリピン関連のTV番組の企画立案・制作・リサーチ・コーディネーション業務・リモートによる取材代行を行っております。フィリピンのマニラ・セブ島に経験豊富なコーディネーターとカメラマンのスタッフが常駐しています。タガログ語・ビサヤ語の翻訳・通訳は勿論、番組に限らず、フィリピンの事であればどんな事でもお気軽にご相談ください。経験豊富なコーディネーターが、最上級のコーディネートをお約束いたします。

番組紹介

首の皮ふを鼻とあごに!?違法な注射で崩壊した顔を再建!新しい顔を手に入れた驚きの方法とは



フィリピンで活躍していたモデルのエロウィ・アルビソさん、当時22歳の彼は整った顔立ちでフリーのモデルとして活躍していたが、もう少し鼻が高ければという思いが強くなったある日、友人から注射で鼻やあごの形を整えられると聞く。






これが彼の運命を変えてしまう。看護学校の生徒だという人物が家に訪れ、コラーゲンの注射をすると言い鼻に3箇所の注射を打った。そして勧められるがままあごにも打ち、一週間後さらに鼻に2回注射。金額は日本円で当時約1,000円、相場よりかなり安い価格だった。


彼女はコラーゲンを注入したというが、コラーゲンは通常鼻を高くするためにはあまり使われないものだった。コラーゲンは、肌に弾力を持たせるとされシワ改善には効果があるというが、肌になじみやすいのでボリュームはあまり出ない。鼻を高くするには、ヒアルロン酸注入が一般的だという。


その知識がなかったエロウィさんは鼻とあごに合計6カ所のコラーゲン注入を行った。2回の施術を終え鼻がスラっと高くなり、あごがスッキリとした印象になった。新しい顔を手に入れた彼はその後芸能事務所のオーディションに合格、仕事は順調だった。


しかし2年が経ったある日鼻に違和感が。数日経つと赤みや痛みも出て、その後はどんどん腫れ上がっていった。さらにあごにも違和感が。 


病院で検査をすると医師から鼻やあごに肉芽腫ができており、注入された液状シリコンが原因であると告げられる。注入されたのはコラーゲンではなく、液状シリコンだったのだ。


シリコンは本来体に存在するものではない異物で、さらに液状のため、そのまま組織に入り込み肉芽腫となってしまう。現在では人体に影響を及ぼすとして、液状シリコンを注入する施術は日本では基本的には行われていない。


しかしなぜ数年が経ってから症状が出てきたのか?体に異物が入ると体を守ろうと、免疫反応を起こして異物を取り囲む。そして膨らみこれが肉芽腫になる。異物に対する免疫の反応は人によって差があり、数ヶ月から数年後、数十年後に現れることもあるのだ。


液状シリコンの注入で顔が大きく腫れ上がってしまったエロウィさんには、顔の肉芽腫を取り除く手術が行われた。4回にわたっての異物除去手術を終え、鼻は低くなり、シャープだったあごも平らに。鼻やあごには大きな傷痕が残り、モデルは続けられなくなった。


一方、施術した看護学生を名乗る人物はエロウィさんの通報により、その後逮捕された。さらに民事裁判でエロウィさんへの賠償金支払いが命じられた。


そしてエロウィさんは数年後、顔の再建手術を決意。低くなった鼻とあごに皮下組織を移植するため、まずは首の皮膚をライン状に2箇所切開しその組織を筒状に丸め、縫い合わせて厚みのある皮膚をつくった。





そして残った傷口も縫い合わせ、この筒状になった皮膚を鼻に移植するという手術だった。





首のチューブを作って2ヶ月後、皮膚の状態が安定してきたところで、チューブの片側を切り離し鼻の先端へと縫い付ける。片側が首とつながっているので血流が途絶えることなく、組織は安定する。こうして、縫い合わせた鼻の組織が馴染むのを待つ。


その間、エロウィさんは顔をあえてさらしてゾンビに扮しストリートパフォーマンスを行っていた。このようなストリートパフォーマンスでこれまでの手術代や、日々の生活費を稼いだ。モデル時代の日給を優に超えるほどだったという。





チューブを鼻につないで1ヶ月後、鼻に移植された皮膚がなじんだところで高さが出るようにボリュームを残し、チューブを切り離した。実は鼻の再建にはおでこの皮膚を使うことが多い。おでこと鼻はTゾーンと言われ皮膚の質感が似ているため、なじみやすいという。ではなぜエロウィさんは首の組織が使われたのか?


鼻からチューブを切り離したあと今度はあごにチューブをつなぎ、あごも再建。つまり、鼻とあごのどちらにもつなぎやすくある程度の長さがとれる場所として、首の組織が使われたという。そしてあごにつないで2ヶ月後、組織がなじんだところで、チューブは切り離された。


再建手術から約4年、再建した鼻やあごは馴染み新しい顔を手にいれたエロウィさん。来月また、鼻とあごの形を整える手術と、首の傷跡を目立たなくする手術も予定しているそう。


 

 

アジアヴォックスの紹介

私達、アジアヴォックス番組制部では、中国を始めとして、台湾・香港・韓国・インド・スリランカ・ネパール・バングラデシュ・フィリピン・ベトナム・タイ・モンゴル・アイルランドなどアジアを中心に「民の声は神の声」を原点に!ドキュメンタリー番組の企画・制作・リサーチ・コーディネートを行っています。スリランカではメディアスクール・インドでは劇映画の輸入・バングラデシュではテレビドラマの制作を行っています。その他、中古車や日本食材の輸出・国内外の不動産業を行っています。

アジアヴォックスの実績紹介はこちら

 

 

海外事業所

    中国・上海/Asia Vox China  
    香港・東涌/Asia Vox Hong Kong  
    台湾・台北/Asia Vox Taiwan  
    韓国・ソウル/Asia Vox Korea  
    インド・インドール/Asia Vox India  
    スリランカ・コロンボ/Asia Vox Sri Lanka  
    ネパール・カトマンズ/Asia Vox Nepal  
    バングラデシュ・ダッカ/Asia Vox Bangladesh  
    フィリピン・アンへレス・セブ島/Asia Vox Philippines  
    ベトナム・ハノイ/Asia Vox Vietnam  
    タイ・バンコク/Asia Vox Thailand  
    アイルランド・ポートリーシュ/Asia Vox Ireland  
    モンゴル・ウランバートル/Asia Vox Mongolia  

 

ASIAVOX 東京都新宿区高田馬場1-26-12-701 TEL 03-5292-2342 FAX 03-5292-2341