民教協スペシャル 少年たちは戦場へ送られた 「~満蒙開拓青少年義勇軍 悲劇の中隊゛の記録~」| アジアヴォックスコーディネート番組

民教協スペシャル
少年たちは戦場へ送られた
「~満蒙開拓青少年義勇軍 悲劇の中隊゛の記録~」

私たちAsiaVox中国(北京)がコーディネイトした作品を紹介します。


番組紹介

民教協スペシャル 中国


毎年、民教協(民間放送教育協会)加盟各社から提出された企画より、1つの優れた企画を選んで制作、放送される「民教協スペシャル」。今回は応募のあった 23編から、崔洋一(映画監督)、森達也(映画監督・ジャーナリスト)、星野博美(写真家・作家)の各審査員が、一時審査、二次審査を行い、信越放送の 「少年たちは戦場へ送られた」が最優秀賞を獲得。2月に放送されることとなった。
第24回民教協スペシャル「少年たちは戦場へ送られた」は、“満蒙開拓青少年義勇軍 頓所(とんどころ)中隊”の軌跡をたどるドキュメンタリー。当時、 15歳だった少年たちも、今は80歳…。彼らとともに、行方不明となったままの、中隊を率いた国民学校の教師・頓所好文(当時33歳)の長女が、中国・旧 満州を訪れその足跡をたどる。

1月26日、この番組の試写と記者会見が行われ、番組を制作した信越放送の岩井まつよ(取締役・情報センター担当)、田中哲郎(プロデューサー)、手塚孝 典(ディレクター)のほか、ナレーターを務めた山根基世(元・NHKアナウンサー)らが出席。番組にかける思いや見所を語った。

会見冒頭での挨拶では、岩井取締役(信越放送)が「長野県は旧満州国に、全国一多く開拓団、青少年義勇軍を送り出している。終戦後の混乱の時には、非常に 悲惨な逃避行があり、日本に無事帰れたのは49%です。今回、若い手塚ディレクターがこの企画を取り上げるにあたり、若い人が若い感覚で若い視聴者に伝え ていくことが、意味があるんじゃないかと思い、うれしかった」と述べた。また、田中プロデューサーは「当時少年だった彼らの心情を語る吉岡秀隆さんには、 自分が14歳だったら…という想像をしてもらった。若い世代、特に同じ年代の中高生に「自分だったら…」という視点で見てもらいたい」と、ナレーションを 担当した山根も「あらためて「ことば」の重さを感じました。1人でも多くの方に見ていただきたい」と語った。

試写後、手塚ディレクターからは、「中国取材に行けた事は非常に有意義で、行かなければ分からなかった事もあった。少年達は被害者であり犠牲者だが、日本 の加害性を担わされていたいう事は、やはり無視出来ない所でした。取材が終って、戦後の65年目の今とは何なのかという事を考えたが、痛みだとか、無念さ だとかは、今もずっと続いている。結局、誰にとっても戦争は終ってなかったと強く思いました」と、番組制作を経てのコメントが。
記者からの「なぜこういったテーマを選んだのか?戦争を若い世代に伝えていく苦労は?」との質問には手塚ディレクターが「やはり自分も知らなかったこと、 歴史教科書にも載っていない、そういう戦争の歴史がまだまだあるんだろうと思いました。戦争について語るというのは、大きなテーマのひとつだと思います し、地域の戦争の歴史っていうものは、これからも伝え続けていきたい。「今さら」とか「またか」と言われても、何か新しい視点をもって伝え続けることが大 切だと思います」と答えた。
歴史の教科書には載っていない、戦争の歴史。今回、その一片が明らかにされる。放送は、2月、民教協加盟の各テレビ局にて放送。

第24回民教協スペシャル「少年たちは戦場へ送られた」
65年前“満州”に送られた15歳の少年たち―、そこには過酷な運命が待っていた。老齢となったかつての少年たちが、初めて語る“知られざる”戦争の真 実。
満蒙開拓青少年義勇軍―。「満州へ行けば地主になれる」という言葉を信じ、貧しい農家の子供たちは希望に燃えて海を渡る。しかし、彼らを待っていたのは、 ソ連軍侵攻にはじまる苦難の逃避行と過酷な収容所生活…多くの仲間が命を落とした。生還した少年たちも現在は80歳。最後の慰霊にと、2009年夏、中 国・旧満州を訪れた。このたびで、かれたは当時の惨劇・壮絶な体験を、初めて明らかにした。戦禍を生き抜いた少年たちが語る戦場の記録から、「戦争とは何 か」「平和とは何か」をあらためて問いかける。

アジアヴォックスの紹介

アジアヴォックス 番組制作事業部では、中国を始めとして、台湾・香港・韓国・インド・スリランカ・ネパール・バングラデシュ・フィリピン・モンゴルなどアジアを舞台とした、ドキュメンタリー番組の企画・制作・リサーチ・コーディネートを行っています。

 アジアヴォックスの実績紹介はこちら

海外事業所:

アジアヴォックス 中国
: 中国上海市徐汇区中山南二路1007号219室
アジアヴォックス 香港 : Phase 2,6-6C, Cat Chick Street, Kennedy Town, Hong Kong
アジアヴォックス 台湾 : 台北市復興北路488-15
アジアヴォックス 韓国 : Gumhoeullim1APT, Dangha-dong, Seo-ku, Incheon
アジアヴォックス インド : 2564, Vijayvargiya Building, Chaura Rasta, Jaipur
アジアヴォックス スリランカ : No.19/6, Guilford Crescent, Colombo 07
アジアヴォックス ネパール : House no. 86, Rani Devi Marg, Ward No.3, Lazimpat, Kathmandu
アジアヴォックス バングラデシュ : Shantibagh, P/O Shantinagar, P/S Motijhil, Dhaka
アジアヴォックス フィリピン : Bulacan St., Mt. View, Balibago, Angeles City, Pampanga
アジアヴォックス インドネシア :  Komplek Jati Indah, Jl. Resak No.15 B, Pangkalan Jati, Cinere, Depok 16513


ASIAVOX 東京都新宿区高田馬場1-26-12-701 TEL 03-5292-2342 FAX 03-5292-2341