早稲田大学生口コミ人気店、不動産仲介プラザハウジング。(有)アジアヴォックスが運営。

早大生の、早大生による、
早稲田大学受験生の為の座談会「早大受験編」

座談会「早大受験編 座談会「大学生活編 座談会「一人暮らし編
ookumakoudouみなさんは本当の早稲田大学を知っていますか?学校案内に書かれている情報は全てでしょうか? 私たちは、本当の早稲田大学を理解していただきたい! その上で早稲田大学に入学していただきたい! そう思って、現役早大生を集めて座談会を開きました。 ぜひ現役早大生の「生の声」に耳を傾けてください。そして、みなさんの更なる邁進を願っています。
<座談会メンバーの早稲田大学の先輩たち>
トシ:
愛知県出身。愛知県立時習館高校。政治経済学部。仕事の正確さと速さは天下一品。愛知の神童、ここに参戦。
本日の司会。
次郎:
大阪府 私立星光学院高校出身。商学部。こうと思ったら止まらない、熱血男。内に秘めた早稲田魂を熱く語る、早稲田大好き男。
裕一:
千葉県 県立幕張総合高校出身。第一文学部。シュールな笑いと語り口が芸風。根が真面目なので、どんな仕事もこつこつやってのける。独特の存在感をにじませる。
みさ:
栃木県 県立宇都宮女子高校出身。教育学部。 誰もが認める、頼れるお姉さん的存在。ウィットの利いた発言で場を和ませる、大人の魅力。

ピーちゃん:

神奈川県 県立湘南高校出身。ピー学部。「僕はね~」が口癖の、超几帳面男。サークルでも会計をやっており、その几帳面さは立証済み。 しゃべり出したら止まらない。

ユウスケ:

北海道 札幌市立開成高校出身。第二文学部。昼間は社会人として働き、夜は学校という生活を楽しんでいる。が、新歓コンパに行かなかったため、友達が少ないのが悩み。
■座談会「早大受験編
それぞれの大学受験~前編 浪人生、負けられない戦い!
トシ:
今日は集まってくれてありがとう!今日は赤裸々にみんなの実態をさらしだしてくれ(笑)。
早速だけど、受験生が一番気になってることを聞かせて。
大学受験のこと、正直覚えてる?どんな勉強したとか。次郎はどうかな?
次郎:
うーん、俺は高校が結構進学校だったから、現役の時早稲田対策でやったのは過去問を解くぐらいだった。あと、塾の早稲田対策講座を受けたぐらいかな。それで受かると思ってたね(笑)
トシ:
ちなみに偏差値とかどれぐらいだったのかな?
次郎:
62、3とか…
一同:
受かりそうじゃん(笑)
次郎:
正直受かると思ってた(笑)だから、帰りの新幹線で「どこに住もっかなー」とか考えて、余裕で合格発表の電話聞いたんだ。そしたら「…残念ですが」
一同:
笑い
次郎:
だから電話5回ぐらいかけ直して、一日部屋で泣いてたけど、最後には「まいっか」って(笑)
トシ:
でもさ、自分で参考書買うとかして勉強しなかったの?
次郎:
しない。学校の授業だけかな。…学校の授業もほとんど寝てたけど。
裕一:
え、実はお前頭いいの?
一同:
笑い
トシ:
じゃあ浪人中は?
次郎:
浪人中は予備校の授業の早稲田対策をしっかり受けてたかな。基本的に授業中はしっかりやってたけど、それ以外の時間はその日の気分で決めてた。「今日はやる気分じゃないな」って思ったら、適度に休んだり。
トシ:
その間はどんな参考書使ってたの?
次郎:
基本的に塾のテキストだけかな。
トシ:
そうなんだ
次郎:
それで、秋まではそんな感じでやってたんだけど、模試で判定が低く出ちゃって。それに、今まではスポ科志望だったんだけど、政経とか法もいいなって思い始めた(笑)それで11月頃から日本史の勉強を始めたんだ。
裕一:
心変わり多いな(笑)
次郎:
それから日本史を相当頑張って、結構いい成績も取れるようになったね。
トシ:
それで受験を迎えたわけだ。
次郎:
うん。で、まずは滑り止めでセンター利用の立命館を受けて、早稲田を受けた。
トシ:
結局それで合格したわけだけど、次郎って関西トップクラスの私立の出身でしょ?
次郎:
うん、中高一貫だったから。それも大きかったんじゃないかな。
トシ:
ありがとう。裕一はどうかな?
裕一:
僕は中学まで優等生だったけど、高校入って授業よく分からなくなったんだよね。
一同:
笑い
裕一:
僕は理工学部だけど、当時は理数系の科目で30点とか言うこともあった。で、3年になってさすがにヤバイと思ったんだよね。
トシ:
それで塾に行き始めたと。
裕一:
うん。だけど、受験勉強を真剣に始めたのは11月ぐらい…って、そんなの落ちるに決まってるよね(笑)だから親にはあらかじめ「今年は無理だ」って言ったの。
一同:
笑い
裕一:
けどやっぱり大学へは行きたいって言ったら、親父が「一浪までなら」って許してくれて。だから僕は一浪を見越して勉強してたね。だから、落ちてもいいやって感じで、受けたのは早慶と立教かな。
トシ:
で、結果は?
裕一:
やっぱり落ちた(笑)でも、うちの高校って男は6割ぐらい浪人するらしいんだな。
一同:
ええっ!
裕一:
まあ、噂だけどね。だから、僕は浪人を恥じたり焦ったりはしなかったな。
トシ:
浪人時代はどんな感じだったの?
裕一:
ずっと予備校の授業を受けてたね。朝から晩まで。授業終わった後に自習室で勉強して、家帰ってご飯食べて勉強して寝る。そういうサイクルだった。
トシ:
オススメのテキストとかは?
裕一:
僕も、予備校のテキストを信じてやってた。単語帳とかも使わずに、全部塾のテキストでまかなってたかな。
トシ:
なんか受験生の鑑って感じだね。
トシ:
それじゃあ、みさはどうだろ?
みさ:
あたしは…本当にもう受験を舐めきってて(笑)…今思うとホントにあり得ないぐらい。古文の授業でも教科書ガイドとか見てて。先生は見るなって言うけど、そんな…ねぇ?
一同:
笑い
みさ:
だからもう、基礎からなってなくて。高2から、高校の近くにあった個人塾みたいなとこに行ってはいたんだけど、他の人よりは全然やってなかったな。
トシ:
ちなみに、どんな風に?
みさ:
赤本とか買ったんだけど、すごいピカピカなままで…というか赤本より青本の方がやりやすいっていうのを浪人で気づいたぐらいだった(笑)
トシ:
現役ではどこ受けたの?
みさ:
早稲田・立教とか東京女子ぐらいかな。現役当時は早稲田の問題の難しさがあり得ない、って思ったよ。「英語読めない読めない読めない…」
一同:
笑い
みさ:
試験監督が早大生みたいだったから、「いいなあ、こんな問題解けたんだぁー」って(笑)で、結局東京女子には受かったんだけど、やっぱり…。で、浪人になってからは塾で勉強を始めました。早慶上智コース…だったかな?
トシ:
どんなことやってたのかな?
みさ:
やっぱり塾をメインにやってたかな。あとは、古文が苦手だったから、単語帳使って覚えたり
トシ:
何使ってたの?
みさ:
ゴロゴかなぁ(笑)
一同:
あー、あったねー!
トシ:
俺はマドンナ古文使ってたけどね
みさ:
マドンナ古文は語源集みたいのは良かったけど、古文単語を見たら覚えやすそうではないなと思って。で、その隣にゴロゴが置いてあって買うしかないと(笑)
一同:
笑い
トシ:
他の科目で参考書なんかは使わなかった?
みさ:
英単語だとターゲットとか。
トシ:
俺はDUO使ってたかな。個人的には結構使い勝手よかったけどね。短い例文がついてて覚えやすかった。
次郎:
あとは…速読英単語!
一同:
あぁ~!
トシ:
上級編もあったよね!
次郎:
上級編て大学入試で使われた英文が載ってるからいいよね。
みさ:
あとは日本史で実況中継読んでたかな。あれは良かった。流れが頭にはいるし、CD付きだから通学時間とかに聞けたし。
トシ:
そして迫る入試の時期(笑)
みさ:
過去問…英語が全然出来なくて、秋頃になっても問題解き終わるのに3時間ぐらいかかってた。模試も受けたら全部E判定とか…
一同:
おーぉ
みさ:
結局本番までに一度も過去問で満足できる出来はなかった。だから半ば早稲田は諦めてた(笑)そのまま本番になったけど、その年は立教・学習院・青山学院・とかを受けて、早稲田は一文と教育を受けました。
次郎:
不安だったんじゃない?
みさ:
そう、それで一番最初の立教の英語の試験時に頭が真っ白になっちゃって。すごくあせったんだけど、解いていくうちにだんだん慣れてきたんだよね。結局上手くいったんだけど。その試験でプレッシャーに勝ったから、その後の入試にリラックスして臨めた原因だと思う。
トシ:
早稲田以外の結果はどうだったの?
みさ:
学習院に受かってたから、もう学習院行く気満々で、シラバス見ながらウキウキしてた(笑)
トシ:
蓋を開けてみると?
みさ:
「おめでとうございます、合格です」って(笑)ほんと嬉しかったですね。
トシ:
まあ、結果オーライってことで。ユウスケはどうかな?
ユウスケ:
なんかこんな濃い人たちの後に言うのは気が引けるんですけども
一同:
笑い
ユウスケ:
俺は現役の時は部活を10月頃までずーっとやってて。塾自体は高校3年生の頭ぐらいからいってたんだけど、あんまり本気ではなかったかな。で…まあ秋頃には偏差値も60ちょいあったので、なんとかなるんじゃないかと思ってました。
トシ:
どこを受けたの?
ユウスケ:
センター利用で一文を。センター模試とかでは数学で9割以上取ってたから「いけるかなー」って思ってたんだけど、センター本番の前日、夜中の3時頃に友達から電話があって「分かんないトコ教えて」って。それが運の尽きでしたね(笑)
一同:
笑い
ユウスケ:
で、その友達に教えて当日起きたのが6時。やたら眠かったからこのままじゃいけないと思って、コーヒーとかお茶をガバガバ飲んだのも…運の尽き(笑)
一同:
爆笑
ユウスケ:
会場に着いたらかなり気持ち悪くなっちゃって、結局翌日自己採点したら4割ぐらいしか出来てなかった…。だけどそのまま出願しました(笑)
一同:
「それは厳しいだろう」(笑)
ユウスケ:
結局早稲田で受けたのはセンター利用の一文だけ。あとは青学とかかな。
トシ:
結果は?
ユウスケ:
青学は受かったんだけど、なんか悔しかったから「浪人する」って親に言って決めました。どうしても一文に入りたかったから、浪人から世界史を始めました。
トシ:
やっぱり塾の授業がメイン?
ユウスケ:
そうですね、基本は塾がメインだったけど、現代文が苦手だったから自分で参考書を買ったりしたかな。
トシ:
古文は?
ユウスケ:
ゴロゴ使ってました
一同:
爆笑

(c) copyright AsiaVox ltd.

■日本一ユニークな不動産屋さん。母体はテレビ番組制作会社です。

プラザハウジングの母体「アジアヴォックス」はTV制作会社。
アジア各国のドキュメンタリー番組の制作コーディネーションを行っています。NHKスペシャル「激流中国」シリーズコーディネート
不動産部「プラザハウジング」は早稲田大学のサークルと一緒に立ち上げました。
不動産・TV番組制作の他に、中国ビジネスコンサルティング・石森史郎先生のシナリオ脚本教室など多面的に事業展開をしています。
事業所は中国をはじめ、台湾・香港・韓国・インド・スリランカ・ネパール・バングラデシュ・フィリピン・モンゴルなどアジアを舞台とした、ドキュメンタリー番組の企画・制作・リサーチ・コーディネートを行っています。
アジアヴォックスのホームページはこちら。

■アジアヴォックスの歴史 代表の堀池が語る、アジアヴォックスの歴史と信念
ASIAVOX 東京都新宿区高田馬場1-26-12-701 TEL 03-5292-2340 FAX 03-5292-2341